合コンゲームはいらない!盛り上げる究極テクニックは〇〇に学べ

2019 6/08
合コンゲームはいらない!盛り上げる究極テクニックは〇〇に学べ

ヤー!

どうも、好きモテ管理人うぬさんです!

 

前回は合コン開催方法から最後のLINEまでを解説しました。

この【合コンゲームはいらない!盛り上げるテクニック】の記事を読む前にこちらの記事を読んでおいてください

 

 

今回は盛り上げる方法!

みなさんは合コンで〇〇ゲームとかやってますか?

うぬさんはそういう学生ノリはまったくしません。

合コンゲームはとてもリスキーです。

ゲームによっては下心がみえみえなんですね。

断られることも多いでしょう。

 

まずは考えてみてください。

合コンゲームで何がしたいのですか?

みなさんが合コンゲームでしたい事は、合コンゲームなどしなくても出来ます。

 

合コンを盛り上げるのにゲームなんて必要ないって言いきれる、うぬさんがよく使う合コンを盛り上げるテクニックを解説していきます。

 

合コンを控えている人は盛り上げる為にも是非覚えていってください。

 

鉄板です!

 

冒頭で気づいた人もいるかと思いますが、合コンゲームをせずに盛り上げる為のチームプレイは『ダチョウ倶楽部』に学ぶんです。

この記事のタイトルの〇〇とは『ダチョウ倶楽部』なんです。

 

では、盛り上げるためには何が必要なのでしょうか?

それは第一に『飲みの量』です。

量が足りないと盛り上げることは難しいですよね。

 

 

目次

合コンゲームは使わず飲ませるテクニック

画像

 

合コンゲームを使わず飲ませると言っても、「もっと飲もうよー」や「飲みが足りないんじゃない?」と言うのはリスクが高いです。

合コンゲーム同様、下心が見えすぎてて嫌がられる可能性があるからです。

では、どうすればいいのか?

 

教えましょう!

誰一人リスクを負わずに飲ませる方法を。

 

そのテクニックのヒントはダチョウ倶楽部です。

3対3の合コンと仮定して説明します。

 

まず、ちょっと強い飲み物をこっそり店員に注文しておきます。

その注文したのが来たら、こう言ってください。

 

「おいおい、誰だよこれ頼んだのー、こんなの飲めないよー」

 

そうすると、このような会話になります。

 

「えー、私頼んでないよー」

「俺も頼んでないよー」

「誰が飲むんだよー」

 

そこですかさず仲間が手を真っ直ぐ上にあげて言ってください。

 

「分かった!じゃあ俺が飲むよ!」

 

そしてもうひとりの仲間も同じように手をあげて「いや、俺が飲むよ!」

そしたら初めに「誰だよこれ頼んだのー」と言い出した人も「いやいや、やっぱり俺が飲むよ!」

 

もう分かりましたね笑

手をあげたまま女性陣を見つめて、目で訴えれば間違いなく始まります。

まずはひとりの女の子が「いいよ、私が飲むよー」って笑

 

これが何を意味するかと言うと、女の子が他の女の子に目で手を挙げるように訴えかける側=男性側に加わるということです。

男性の味方になるってことなんです。

 

始まらなかった事は今まで1回もないので安心して使ってください笑

 

注意点としては、狙った子に飲ませるのではなく、最初は必ず最後に手を上げた子に「どうぞどうぞ」とやってください。

途中で「どうぞどうぞ」とやってしまうと、盛り上がりに入れない子が出ますし、男全員がリスクを負うことになるからです。

ところが最後までやると、女の子二人も味方に加わって男だけがリスクを負うことはなくなるんです。

むしろ最後に手をあげた子は、笑いながら男ではなく、女友達にこう言うでしょう。

 

「ずるいー笑」と。

 

これは合コン中に何度も使えますが、2回目からは女の子も参戦してきます。

そしたら狙った子に「どうぞどうぞ」とやってもいいですし、男が負けてみるのも盛り上がります。

また、こっそり注文していた男性が堂々とみんなの前で注文し、仲間がすかさず「お前じゃねぇか!」ってツッコむのも面白いですよ笑

 

このネタは他のことにも使えます。

例えば仲間の男性が合コン中に「ちょっと誰か俺の顔に座ってー笑」なんて言った下ネタが滑ったときに、手をあげて「誰も希望者がいないなら俺が座るよ!」とネタを始めれば、さすがに女の子は手を上げませんが仲間の滑りを笑いに変えられますよね笑

 

 

合コンゲームは使わずハグしよう

画像

 

これも合コンゲームなどではなく、ダチョウ倶楽部の鉄板ネタを使います。

ここからのネタは自分が選ばれたと思った相手にしてください。

 

選ばれたってなに?って人は冒頭で紹介した記事を見てからもう一度戻ってきましょう。

選ばれたかどうかをもしかしたら確認できる会話術もあります。

その会話術はこちらを参照してください☟

 

 

このネタは席移動したあとに行います。

選ばれたであろう女の子と向き合い、話している途中に後ろの人に言います。

 

「押すなよ?絶対に押すなよ?」笑

 

押してもらえない場合はしつこく言ってください。

後ろが女性だったら、他の男性がその女性に押しちゃえ、と目でアピールしてください。

押されたらハグ出来ます笑

 

その際は軽く抱く程度にしてください。

そしてひと言、笑顔で「ごめんね」と言いましょう。

 

強く抱いたり、色々な場所をベタベタ触るのは厳禁です。

軽く抱く程度にして「ごめんね」と言っておけば、「こんなネタやってるけど、この人は意外と真面目なんだ」ってより意識させることが出来ます。

 

 

合コンゲームは使わずチューしちゃう?

画像

 

見出しを見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、これも合コンゲーム等ではないです。

説明しておきます笑

突然怒りだし、怒られた相手も「なんだお前!どういうつもりだ!このやろー!」なんて言ってどんどん詰め寄っていって最後にチューするダチョウ倶楽部の鉄板ネタです笑

 

これをやりましょう笑

 

初めは必ず男同士でやってください。

初めから女の子にいくと本気で怒ってるのかと思われますので笑

 

男でこのネタを見せておけば、女の子に突然怒りだしでもネタだと分かってくれます。

ここまでの合コンで十分に楽しませておいたなら空気を壊したくないってのもあるのでチュー出来る可能性は高いです。

ただし、無理強いは止めてくださいね。

嫌がってるようであれば笑顔で素直に引いてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

うぬさんはもう何年も前から合コンでやってるネタです。

滑らないネタだというのは保証します。

 

さてみなさん、ここまで読んでも合コンゲームをやりたいですか?

それとも天が与えてくれたダチョウ倶楽部さんの鉄板ネタで楽しませますか?

 

どうぞ選択してください。

 

\はてなブックマーク/

面白かったらブックマークお願いします(๑´ڡ`๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

うぬさんのTwitterはこちら

関連記事

コメント

コメントする

目次